あなたも、もしかして歯周病ではありませんか?

あなたは、自分が歯周病かそうでないか、わかりますか?
サイレントキラーとも呼ばれている歯周病は、
その通称のままかなりひどい状態まで進行して初めて
「歯周病だったのか…」と気付く恐ろしい病気です。

歯周病の有病率は、20歳代で約7割!
30〜50歳代は約8割、60歳代は約9割という驚きの結果です……
歳を取るごとにどんどん羅患率の割合は高くなって来ています。
もはや国民病ですね…!

歯周病は歯周病原菌に感染しているか、
していないかによって歯周病にかかっているかがわかります。
それは顕微鏡であなたのお口の中の細菌を確認するだけで、
簡単に痛みなくわかりますよ。


治療前後でお口の中の細菌をパッと見るだけで
変化しているのがお分かりになるかと思います。
歯周病は取り返せないほどひどい状態にならなければ自覚症状が出ません。
勇気を出して、まずご自身の大切な体の状態を知ってみませんか?

一覧にもどる 〉

関連記事

day2017/11/15その他
遠足
day2018/02/19その他
day2018/02/22その他
アップルパイ
day2018/09/05その他
強烈!

menu